電気の消費を減らして、かんたんエコライフ

節電をするメリットと方法

節電とは、現在使用している電気量を抑えることであり、行うことで電気代を少なくできるだけでなく、発電する量が減らせるので地球温暖化の対策にも繋がります。
方法はいくつかあり、普段あまり使用していない電化製品がある場合には電源を切ることが必要ですが、それだけだと使用していなくてもわずかに電力を消費するので使わない時はコンセントから抜きます。
しかし、製品によっては待機電力が少ないものもあるので、購入時に確認をします。
また、エアコン使用時には温度を高くしすぎたり低くすると電力消費が大きいので、温度設定に注意をし、定期的にエアコンの掃除も行います。
他にも日光が外から入ってきておりまだ明るいなら照明は使わないようにし、部屋に誰もいないなら明かりはこまめに消したり、職場でも電気消費を抑えられるように行動することなどが大切です。
節電をする際には、電気消費量を気にしすぎて行動しているとストレスになったり、長続きしないので無理なくやれることから行い、エアコンを使用しなければ電気量は減らせますが、熱中症や風邪の原因にもなるので、使用を我慢せずに体のためにある程度エアコンを利用することも大事です。
そしてちょっとした工夫で節電はすぐに行えるので、どうすれば電気を消費せずに暮らせるか考えられるようにします。

生活の役に立つ節電雑学

節電を普段から心がけてる人はとても多いかと思います。
ですがついつい電気をつけっぱなしにしてしまったり、冷暖房を使ってしまったりと誘惑に負けてしまう事も多々あると思います。
しかし節電してさらにダイエットもできるとなれば話は別でしょう。
例えば、夜に電気を全くつけずに寝れないので豆電球をつけたりテレビをつけたままで寝る人がいるようですがこれは色んな意味でNGです。
もちろん電気代がもったいないというのもありますが、実はダイエット的にもNGだったんです。
あるマウスを使った実験がおこなわれたのですが明るい環境に16時間、薄暗い環境に8時間というマウスと明るい環境に16時間、暗い環境に8時間という生活をおくったマウスを比較すると後者の方が体重が大きく増加し、糖尿病になってしまう危険性も上がったそうです。
暗闇に慣れなくてなかなか寝付けないという方はライトスリーパーというものを使用してみるといいかもしれません。
ですがやはり、朝起きたら太陽の光もしっかり浴びて夜はできるだけ室内光を抑えるのが一番手っ取り早くて簡単な慣れ方だそうです。
これを機に節電をしながらダイエットもして一石二鳥の生活をしていくのもまたいいかもしれません。

check

安全に、より精度の高い脂肪吸引ができます。

脂肪吸引 東京

働く男性のホリスティックなライフスタイルをサポートする、リーブ21による健康ハックWebマガジン

リーブ21

あなたの家の傾きを直し安心を提供します。

家の傾き

人気ランキングや季節のお取り寄せグルメをグルメライターさんが口コミで紹介しています。

お取り寄せグルメ情報

自宅でキャビテーション

キャビテーション 家庭用

二子玉川にある完全予約制の歯医者です

二子玉川 歯医者

ご予算やライフスタイルに合わせた3タイプのフロアコーティングに仕上げます

フロアコーティング

2016/8/25 更新